初心者のオートキャンプ体験inエコキャンプみちのく

Pocket

子どもたちが夏休みに突入!親は毎日仕事だけどねぇ(T^T)…去年、オートキャンプデビューした我が家。去年2回、今年も先日行ってみたので、超初心者的キャンプ体験談を。

去年、ほぼ一から道具を一式揃えて挑んだ、はじめてのオートキャンプ。いやオートどころか、パパも子ども達も、キャンプが初めて!テントで寝るのも初めてだった。

母は子どもの頃、子ども会で半強制的に連れて行かれた思い出がある。えっと、かれこれ30年以上前…(白目)

さて、はじめてのオートキャンプ体験。イマドキのキャンプは進化してて、目からウロコなほど快適になってた!

20130803181537.jpg

キャンプに行こうと思ったワケ

去年の夏、突如キャンプ計画が燃え上がった。なぜかというと…

  • ホームセンターの特設コーナーでイマドキの素敵テントに惚れた
  • プチ都会っ子な子どもたちに、自然体験をさせたい
  • TDR旅行は1回で大金が飛んでいくが、キャンプ道具は初期投資後、何度も使える

実のところ、キャンプ道具を見てたら、パパも私も楽しすぎて、いろいろ言い訳つけつつ、えいやっ!と一式買っちゃったのだ。清水、きよみず(笑)

20140805200805.jpg

↑大人2名でわりと簡単に設営できる。

たたむとコンパクト。中は広い。でも、ウチは大人2人、子ども4人。うち1人は大人並みの背丈だから、少々手狭。

定番モデルらしく、キャンプ場で同じテントをたくさん見かけた(笑)

コールマン(Coleman)タフワイドドームIVスタートパッケージ

↑こちらは、2014年新モデル。

オートキャンプ、まずは準備をしっかり!

さぁ、テントを買ったら、キャンプだホイ!準備はパパの独断場←と書いて、おまかせと読むw。

速攻でオートキャンプ場の予約、ネットで情報収集、ホームセンターやアウトドアショップで用具の買い足し。これをくり返し、夏休み前にきっちり準備完了。

はじめて行く前は、テント設営の練習もしてみた。メーカーサイトで設営方法の動画を見て、まず予習。

テントをリビングに設置(笑)ついでに、一晩寝てみた(爆)

クーラーボックスは、エクストリームってのを購入。

 COLEMAN(コールマン) エクストリームクーラー 70QT

↑こちらは、2014年新モデル。

エクストリームって名前がイイ。←仮面ライダーWっぽい(笑)

容量重視で、あえてホイール無しタイプを選んだ。

先日のキャンプは真夏日。ロゴスの高性能タイプ保冷剤3個と安いタイプ2個を入れて使用。

保冷と飲むのに使うのを兼ねて、凍らせたペットボトル(2L)2本、ブロックアイス3袋も。

前のキャンプのとき、食材や飲み物を詰め込みすぎ、保冷効果が弱くなってしまったので、今回は詰め込みすぎないように注意。

開閉をなるべく少なくするため、あえて飲み物はあまり入れず、飲むときに氷を入れることにした。

バーベキュー用の食材を中心に入れた。高性能の保冷剤は、近くに置くと肉が凍るほどの威力がある。

ブロックアイスは、午前から夜までちゃんと使えて、ばっちり冷え冷えだった。

20140726170620.jpg

下調べで、ホットプレートを持って行くと、朝食に火をおこさずに済んでラク、てな情報も見つけた。

そっか!キャンプ場に電源があるんだもんね。キャンプなのに電化製品が使えるってことじたい、超初心者には驚きよね。

翌朝は、ヤマザキのランチパックを軽く焼いた朝食。焼くとグッとおいしくなるし、手軽でラクチン。

ただし、ウチのホットプレートはデカくて荷物になるし、火おこしもそれほど大変ではないので、2回目以降は持って行かず、鉄板を使ってる。

今回のキャンプは、とにかく暑かった!なので、扇風機を持ってくればよかったと思ったほど。(夜露で壊れるかもしれないから、夜は車に入れた方がいいだろうけど。)

電源の活用を考えると、いろいろ便利に楽しめそう。

他に、ヘキサタープ、テントと合体できるタイプのタープ、たき火台、ランタンなどなど、いろいろ揃えた。なかでもイチ押しは、エアーマット。

Coleman(コールマン) テントエアーマット300

若干、重くてかさばるが、あるとないとでは睡眠の快適さが全然違う。

ただ、開封後、製品臭がけっこう強いので、事前に風通ししておいた方がよかったな。

ふわふわのマットで、地面のデコボコ感や湿気をまるで感じず、気持ちよく眠れる。高さがあって、アリとか体に寄ってきにくいから、虫を嫌がる子ども達も安心できるみたい。

スーパー快適なオートキャンプ場、エコキャンプみちのく

さて、初心者にはキャンプ場選びも重要。最初で気持ちが萎えたら、キャンプ道具はお蔵入りしちゃうもんね^^;

虫に泣き、テントに入ってくる水に泣いた、大昔のキャンプ(←母の子ども時代w)その辛く厳しいキャンプのイメージを大きく覆したのは、エコキャンプみちのく。

キャンプ体験が目的だからね。わざわざ遠出しなくとも、近場にスーパーなキャンプ場があったのだ。

エコキャンプみちのく

エコキャンプみちのくのスーパーなところ

  • トイレに虫がいない(笑)
  • お風呂に入れる
  • 品ぞろえがいい売店
  • 大きな遊具、水遊び場もある
  • みちのく公園の無料券付き
  • サービスが充実

トイレに虫がいない

これ、マジ大事。キャンプと言えば、虫だろ!と思ってた。

でも、ホントに、想像以上にいなかった。何度となく子どもを連れて行ったけど、小さめの蛾とゲジゲジを1度見たくらい。虫嫌いのお子ちゃまも母も安心!

トイレはとてもきれい。ウォシュレット付きのあったかい便座。おまけにフタまで自動開閉式。もちろんトイレットペーパー完備。

コインシャワー付きの棟もある。シャワーは、5分100円。時間はお湯を出してる間だけカウント。少々狭いが、きれいだった。

20130803175156.jpg

↑わかりにくいけど、奥のログハウス風なのが、トイレANDシャワー棟。

お風呂に入れる

お風呂は無料。小さめだけど露天風呂もある。(←入れない日もあり)

ただし、洗い場が少ないから、時間によっては、かなり混む。去年行ったときは2回ともゲキ混みだった。

チビッコ連れで待ってる人がいるのに、すげー念入りに洗う女性もいるのよねぇ…。『そーゆーのは竜泉寺の湯とかでやれ。TPOを考えろ。チャチャッと洗え、チャチャッと。』(←母、心の声)

今回はわりと空いていたけど、洗い場待ったりするのが面倒だったので、私と中2長女、小6二女は、手軽なコインシャワーの方にした。

品ぞろえがいい売店

管理棟にある売店の品ぞろえは、豊富すぎるほど豊富。

何か忘れてきても、たいがい買えそう。

薪や着火剤はもちろん、ビール・チューハイ、カップラーメン、おやつにアイス、水鉄砲、お土産品…etc.1回目はお酒買いすぎて、飲み過ぎたほど(爆)

今回は食材が少し余ったので、クーラーボックスへの補充用に板状の氷とブロックアイスを買った。

大きな遊具、水遊び場もある

管理棟のそばに大きな遊具がある。ウチの子たち、かなり遊び倒してた(笑)水着で水遊びできるちゃぷちゃぷ池も、大人気。

大きな芝のスペースはキャッチボールもOK。イマドキ、ボール遊び禁止の公園が多いから、なかなか出来ないのよねぇ。

20140726142441.jpg

みちのく公園の無料券付き

これ、かなり嬉しい。みちのく公園の入場料と駐車料金が無料になる券をもらえること。

チェックイン時間前に遊ぶなら、先に受付を済ませれば、券を発行してもらえる。翌日の利用に替えることも可能。

みちのく公園大好き!なウチの子たちには、ホントに嬉しい。

国営みちのく杜の湖畔公園

サービスが充実

利用しなかったけど、レンタルグッズも充実。事前予約すれば、カットされた食材の手配、お弁当の注文もできる。ゴミは分別すれば、置いてこられる。日によっては、キャンプファイヤー、木工教室などイベントもあり。

至れり尽くせり過ぎて、ここで初めてキャンプしちゃったら、もう他には行けないんじゃ?と思ってしまうほど。

ただ、とても人気があるキャンプ場なので、予約期間開始後、すぐいっぱいになる。1、2週間前にキャンセルが出ることもあるので、HPをこまめにチェックした。

キャンプでやってみたこと、できたこと

せっかくのキャンプ体験。日頃なかなか出来ないことをやってみるイイ機会なのだ。

  • 飯ごうでご飯を炊いた
  • 花火をたっぷりやった
  • たくさんの星を見た
  • テントで寝た
  • 羽化途中のセミ、黒アゲハと遭遇

羽化途中のセミ以外、母の子ども時代、普通だったことばかりw

でも、プチ都会っ子のウチの子どもたちには、初めてのことがいっぱいだった。

だって、普通のアオガエル見て、「緑のカエル見つけた~!」って騒いでるレベルだもん^^; (街中では、コンクリの上で灰色になってるヤツが多いのだ) 

花火ができる場所も、ウチの周りには無いしね…。

やっぱり子どものうちに、子どもらしいことをちゃんと体験させときたい。

ウチの子たち、キャンプがかなり気に入ったみたい。かなりのインドア派な私でも楽しかった。パパも毎回はりきって準備してるw

てなわけで、昔のイメージとは全然違って、びっくりするほど快適だったオートキャンプ体験。道具も場所も進化してるのねぇ。

20140726142205.jpg

↑黒アゲハを追いかけてた子ども達。羽がもう痛んでるコだったから、逃がしたそう。

オートキャンプにかかった主な費用w

テントなどキャンプグッズは除いた費用。1回キャンプ行くのに、どのくらいかかるかの参考までに。

エコキャンプみちのく入場料:大人1人710円、子ども(小中)1人200円 ※幼児は無料
サイト料金:Bサイト(200㎡、8人まで)の場合、4,100円
電源使用料:500円(使用しない場合は不要)

この場合、我が家ご一行、大人2名子ども4名、合計で6,820円。他に、薪や炭、食材、飲み物で1万円くらいかな。

ちなみに、みちのく公園は、、
入園料:大人1名410円、子ども(小中)1名80円 ※幼児は無料
駐車料金:普通車310円

ウチの場合だと、普通は1,450円かかる。これが無料になるから、さらにお得ぅw

初期投資はけっこうな額になったキャンプグッズ。

でも、防災グッズとしても使える物も多いから、キャンプは年に数回とはいえ、無駄にはならない。備えてる安心感と使える楽しみを考えたら、購入に悔い無し(笑)

今年は予定がつまって、泊まりのキャンプはもう行けそうにないけど、デイキャンプなら、まだ楽しめそうかな。我が家の定番行事になりそうです。


桜もちからのお知らせ

当ブログのヒーローもの感想などに使っている商品画像は、アフィリエイトリンクです。楽天、リンクシェア、Amazon.co.jpアソシエイトなどを利用してます。

リンク先は、各々の商品ページです。

Pocket

コメントをどうぞ(≧∇≦)