鎧武 第43話第44話、いい加減つらいのはお腹いっぱいなのだ

Pocket

IMG_7311.jpg

ちょっとバタバタしてたので、仮面ライダー鎧武、ざっくり2話まとめております。

「バカだな、ミッチ…」←ここ。第43話のここ。

はじめて、紘汰かっけー!と思った。今までバカだバカだ言って、ごめん。ここまで突き抜ければ、もはや格好イイ。一番バカなのは、ミッチなんだもん。

怒濤の第43話・第44話

鎧武第43話「バロン 究極の変身!」第44話「2人の目指す未来は」

生き残ったミッチは舞の死に茫然自失のまま。紘汰は瀕死状態から、やっと脱したところ。戒斗はついにオバロ化し、破壊王になろうとしている。

舞は、はじまりの女になることを受け入れた。

今の悲しい状況を変え、違う結末に導くために。今まで紘汰たちが出会った、いわゆるオルタナティブ舞は、はじまりの女になった舞が、時間を遡って現れた姿だった。

それでも、運命は思うように変えられない。さらに、平行世界に迷い込み戻れなくなってしまう舞…。

1話オープニングのバロンVS鎧武合戦は、平行世界での結末ってことで回収されちゃった。ちょっと、あっけなかったなぁ。あっちの世界では、呉島兄弟は決裂しなかったのね…(泣)

ACT-Heroes (アクトヒーローズ) 2014年 10月号 [雑誌]

どこで間違えたのか

第43話の紘汰のセリフが、よかった。

「お互い、どこで間違えたのか、どこが別れ道なのか…正直オレには、よくわからない…。でもな、そんなに昔の話じゃないと思うんだ。だから…、引き返そう。」

「引き返すなんて、ムリだ。」

「バカだな、ミッチ…。これから先、どれだけ長く歩くか、わかってんのか?それに比べりゃ、たいしたことないって…。」

「そんな理由で、僕を許すって言うのか?」

「あぁ、許す。だからお前も許してやれよ。今日までの、自分の間違いを…。」

今までユグドラシルにもオーバーロードにも、許せねぇ、許せねぇ!ばかり言ってたのに、ミッチは速攻「許す」紘汰…。いや、たっぷり42話分かけて、紘汰も成長したのよね、きっと。

それはさておき。自分を一番許せなかったのはミッチ自身。一番引き返したかったのも、ミッチだったんだろうな。

ただ、引き返せたところで、間違わない道を選べる保証はない。時間を遡った舞が、伝えたいことを伝えられたとしても、やっぱり同じ道を選んだかもしれない。

だから、「引き返す」というのが、文字どおり、時間を戻してやり直すということじゃダメな気がした。これから先の正しい道へたどり着くために、今何をするのか、ということであってほしいなと思った。

AC PB06 仮面ライダー龍玄・黄泉 ヨモツヘグリアームズ

マッドサイエンティスト戦極凌馬の最期

第43話のもう一つの目玉は、凌馬の最期。ヘンな言い方だけど、イイ最期だった。

つねちゃんの怪演のおかげで、諸悪の根源の悪人なのに、どこか憎めないキャラクターだった凌馬。

「どーして私が言うことを鵜呑みにしちゃうかなぁ?」

まったく、そのとおり(笑)

「なぁ、呉島の坊ちゃん。貴虎に教わらなかったのか?なぜ悪い子に育っちゃいけないか、その理由を。嘘つき!卑怯者!そういう悪い子どもこそ、本当の悪い大人の恰好の餌食になるからさ!」

ミッチにお灸を据える、辛辣な言葉。あとあとまで、頭に残りそうな名セリフだった。

まぁ、イイ子もあまりにも出来の良い大人に育つと、悪い天才科学者の研究材料になっちゃうけどね。貴虎兄さんみたいに。ほら、頭脳明晰、スポーツ万能の本郷猛も、ショッカーに改造されちゃったでしょw

美形のマッドサイエンティスト、戦極凌馬。

自分の頭脳以外は信じない。用意周到で、やることは外道。でも、ビミョーに器(うつわ)がちっちゃい。短パン。おまけに、壁にめり込んでも死なないほど、しつこい。

ステキでした。

つねちゃん、美形で足長いから、あえて短パンにしてたんだろうね。凌馬のキャラ的に格好よすぎないように。目の保養チームがまた一人いなくなって、寂しい限り。(←もはやストーリーとか度外視w)

キャストサイズ(夏の特別号 2014)

オバロ戒斗さんが格好イイ

髪型が変わっただけ?目張りが入ったから?あ、体重、落としたでしょ?(笑)

オバロ化してから顔つきがガラリと変わった、戒斗さん。

凄みが増して、格好イイ!紘汰がやっと少し格好よくなったと思ったけど、ここで戒斗さん、また一気に差をつけた。

王フェチの耀子姐さんが、妙に入れあげるのもわかる気がするわ。(←最近控えめだったけど、彼女も一種の狂人よね。)

素顔は「3秒でバカとわかる」とか言われてるし、フニャッとした女子みたいなのに。凄いわ、ゆーちゃむw

で、戒斗さん。舞を呼び戻すだけのために世界を破壊してもいいと。そこまでの思い入れがあったことに驚き。たしかに、以前から舞の強さを認めていた戒斗だったけど。

逆に、もう人間の舞さんは戻ってこない…とあっさり諦めてるミッチ。こっちも少し意外だったな。あの執念はどこに行った?

戒斗は、舞ちゃん+黄金の果実を手に入れたいのか、黄金の果実抜きでも舞ちゃんを呼び戻したいのか。ちょっと気になるところ。

てか、耀子姐さんに傅かれながら、舞を手に入れると息巻く戒斗さん。これぞ、王だわ(爆)

東映ヒーローキャスト PHOTOBOOK S.H.T. 2014 autumn

東映ヒーローキャスト PHOTOBOOK S.H.T. 2014 autumn

幻影でも、おかえりなさい、貴虎兄さん

さあ、次回。戒斗VS紘汰とか、ザックが何かしようとしてるとか、そんなことはどうでもいい。あ、でもザックには頑張ってほしい。

それはともかく。おかえりなさい、貴虎兄さん!(幻影)

東映公式第45話の写真、ミッチの背後に佇む貴虎兄さん。居るよね?妄想しすぎで、見えてるの私だけとかじゃないよね?ね?w

絶賛ヘタレ中なミッチの後ろに、グリーンのポケットチーフも鮮やかな、どー見ても幻影の貴虎兄さん。きゃー!おかえりなさい、兄さん。

この際生きてるかどうかより、幻影でも何でもいいから、兄さんを見られるかどうかが最重要課題なのだ!

とはいえ、凹んでるミッチをもっと凹ますんじゃなく、ミッチが復活できるきっかけになって欲しいと、切に願っておりまする。

いい加減、つらいのはお腹いっぱいなんで。

久保田悠来 2015年 カレンダー

さて、残りあと2話。(第47話は特番と仮定)

私の予想では…

戦いの末、紘汰の強さを認めた戒斗。が、すでにオバロ化した身。人間の世界には居られないため、ヘルヘイムの森へと消えていく…。

森の世界は、長い長い退屈…。退屈しのぎに、カフェ・ロード・バロンを開店した戒斗。お客は、やはり人間でないため、森に暮らすようになった紘汰と舞。戒斗がつくる、ヘルヘイム果実をふんだんにのせたフルーツタルトは絶品。しばし安らぎの時を過ごす3人だった。

だが、甘い香りに誘われて森に迷い込む人間が続出してしまう。人間との無益な争いは避けたい。やむを得ず、戒斗は研究に研究を重ね、食べてもインベス化しない果実の加工法を開発する。

スイーツを食べる舞の笑顔を守りたい一心で、ミッチは呉島家の財産を研究費に注ぎ込み、戒斗を援助する。その甲斐あって、ヘルヘイムスイーツは瞬く間に人々の心を掴む。戒斗はスイーツ界で、念願の王となった。

しかし、それが新たな戦いのはじまりだった。あまりのヘルヘイムスイーツ人気に、黙っていられなくなった凰蓮は、戒斗にスイーツ対決を挑む。そして、時はまさに、スイーツバトル戦国時代へと突入するのだった…。

…という結末にはならないと思いまする(爆)←すんません。いい加減、つらいのはお腹いっぱいなんでw

恋するスイーツレシピ1~君が恋に落ちる一つの方法~(数量限定盤 CD+DVD+グッズ)
小林豊

桜もちからのお知らせ

当ブログのヒーローもの感想などに使っている商品画像は、アフィリエイトリンクです。楽天、リンクシェア、Amazon.co.jpアソシエイトなどを利用してます。

リンク先は、各々の商品ページです。

Pocket

コメントをどうぞ(≧∇≦)